iPhoneの充電ケーブルについて

iPhoneでは5や5S以降ライトニングケーブルが利用されています。

それまでの世代では平型の充電ケーブルが利用されえきました。
ライトニングケーブルになり、良くなったのは端子に向きがなくなったこと、そしてさらに小さく、コンパクトになったことです。
4Sまでのケーブルはとても大きいので持ち運ぶにはかさばるのがネックでした。
ただし、iPhoneのライトニングケーブルは純正以外は互換性にかける製品も多いので注意が必要です。


4Sまでのケーブルではあまり情報を転送する内容がなく、ICチップもはいっていなかったのでご完成品はたくさん出回っていても動作に問題があるケーブルはほとんどありませんでした。



しかし、ライトニングケーブルになってから単に電気信号と流すケーブルからさらにインテリジェントなケーブルになったこともあり、アップル認証ケーブルでないと充電ができない、そもそも認識しないというケーブルも増えています。



iPhoneはケーブルを指すだけで充電しますし、iTunesとの同期も簡単です。



しかし、互換ケーブルを利用すると動作が不安定であることが多く、ケーブルは出来る限りアップルが認証したモノを使いたものです。
また、5が販売された当時はケーブルの種類が少なかったのですが、認証されているケーブルが多くのメーカーから販売されるようになったこともあり、長さもさまざまありますし、ライトニングケーブルに対応した各種デバイスも増えています。